職業訓練「WEBデザイナー」講座の面接を通過するポイントと面接での質問内容【倍率4倍!】

WEBデザイン

2020年7月から12月まで職業訓練の「WEBデザイナー養成科」に通っていました!

国の政策で税金で授業料がまかなわれているので、生徒の払う分は「教科書代のみ」で良いという職業訓練…

 

私も実際受講してみて「これが無料で良いのか!?」と、国及び税金を支払ってくださってる皆様に感謝の気持ちを伝えたい気持ちになりました。

そんな職業訓練ですが、通うためには

  • ハローワークに申請
  • そして面接を通過

しなければ受講できません。

後から知ったのですが、私が受講したコースでは面接時では
倍率4倍 だったそうです。
(その2ヶ月後開講のコースは倍率5倍以上だったようで…大人気ですね😰)(福岡ですらこの倍率だったら首都圏はもっとすごい数字なんでしょうね)

今回の記事では、
どういった人が受かりやすいか、私が実際に面接のためにした対策や本番で聞かれた内容を書いていきたいと思います。

どういった人が職業訓練に受かりやすいか

訓練が実施される学校から、近所のハローワーク管轄の人

これは面接に通過した後、ハローワークの担当者から言われた言葉です。

いやー受かって良かったですね。
学校とうちのハローワーク遠いから、「絶対落とされるだろうな。かわいそうに」って思ってたんですよ。

こういう訓練は学校近くのハローワーク管轄の応募者から優遇されるから…だから遠いのに受かったあなたは優秀!

と褒められました。(私、絶対落ちると思われてたんだと若干ショックでしたwww)

学校は福岡市某所にありましたが、他の受講者はほとんど福岡市内に住んでいるようでした。

職業訓練は「理由のない欠席や遅刻は許さない」と規則が厳しいです。家が遠ければ遠いほど遅刻する可能性って上がるので
なるべく近くの方を通過させるのだろうなと思いました。
(私は乗り換えの待ち時間含めると片道2時間くらいかかる場所に住んでたので心配されたのだと思います)

「就職活動におけるマナー」が身についている人

職業訓練開始、最初のオリエンテーションで学校の事務の方が

面接では、一人一人点数を付けさせてもらっていました。

面接の部屋に入ってきた時に挨拶はしたか、お辞儀をしたか、そのような基本的なマナーについて評価基準が決まっていて、点数が高い人から通過してます。

とおっしゃっていました。なので、「職業訓練の面接も、就職活動の面接と同じくらいマナーに気を付けて挑む」という心がけが大事だと思います!

私はこういった記事を面接前に読んで面接に挑みました。

面接のためにして行った対策

実際に面接に通過した人のブログや動画を見まくる

面接前はGoogleで「WEBデザイン 職業訓練 面接」と検索し、人のブログを読みあさり、
Youtubeでも検索して通過した人の動画をずっと見ていました。

そこで得た教訓を紹介します。

  • コミュニケーション能力が高そうな人が通過する
    →訓練には年代や環境も様々な人がいるので、人間関係の問題を起こさせたくないため
  • 健康状態に「問題はない」という人が通過する
    →訓練は国民の税金で行っているので無遅刻・無欠席できそうな人でないといけない
  • 就職したいという気持ちが強い人が通過する
    →国の政策で行っている訓練なので、就職する気持ちがなくただ受講したいという人が来ても困る。訓練前にWEB系の企業を実際に応募していないと通過しづらい。

人のブログを読んでいて
逆に、本当にそうだったのかな?と思う記載もありました。
(きっと自治体によって違うのでしょう)

  • 若い人が通過する
    →受講者の半分は20代でしたが、あと半分は30代〜40代でした
    他の受講者の方が「面接会場に20代男性がたくさんいたんだけど、その子たちが一人もいない」って言っていたので【20代だから必ず通過する】ということでもないようです。
  • 失業手当の受給者が有利
    →確かに受講者の半分以上は失業保険を受給中の人でしたが、給付金給付の方や、雇用保険系をなにも受給されてない中で通っている方もいました
  • 訓練校の見学に行ってない人は落とされる
    →申請がギリギリになったのと訓練校の見学は「随時受付」だったので私は見学に行きませんでした。他にも見学に行ってなくても通過した方もいました。

実際に面接で聞かれた質問

面接官の方からは最初にこう言われました。

質問には簡潔に、1分以内でお答えください。

私は面接での回答の内容を予め用意してはいましたが、時間を測っていなかったので焦りました…

聞かれた質問と私の回答の内容を書いていきます!

職業訓練のこのコースを志望した理由は?

昔からPCが好きで、インターネットに夢中になると寝食も忘れていることがよくありました。
前職は事務職でしたが、趣味でWordPressブログを立ち上げました。そこから「作り出すことの喜び」を感じ、今後一生やっていきたい仕事は何かを考えた時にWEBデザイナーになりたいと思いました。今までWEB系の企業に応募しましたが私の知識・技術不足により不採用ばかりでした。職業訓練を通して即戦力として通用するスキルを身に付け、未経験でもアピールできるよう、就職活動を成功させたいと考えたからです。

WEB業界で気になったニュースは?

通過されたブログを書いた方の中に、この回答を聞かれた人は誰もいなかったのですっごく焦りました。
日常からWEB業界に興味を持っているかを問われているなと思いました。私は友人とたまたま話していたニュースを思い出しこのように答えました。

WEB業界で有名な編集者が、フリーランスの女性ライターにセクハラを告発されました。
やはりフリーランスの方は自分で仕事を取らなければいけないので、立場の強い男性から仕事を理由にしてセクハラにあってしまうことが同じ女性として怖いと思いました。

取りたい資格は?

これも焦った回答の一つです。私は訓練の受講要項に書いてあった資格を答えました。

WEBデザイナー技能検定3級です!
(実際受けなかったけど😭)

日々どのように勉強するか

わからないことは授業中に先生に質問し、通学中の電車でノートを見返したり、家にもPCがあるので習ったことを復習していって、自分一人でも実際にソフトを使えるようになりたいです。

WEB業界用語で「作品集」という意味の言葉はなんですか?

これも聞かれるとは思わず焦りましたが、知っていたので答えると
なぜか面接官の方から「おおぉ〜!」と驚かれました。
多分答えられる応募者が少なかったんでしょうね。

「ポートフォリオ」です!

訓練中使うソフト名は?

(4つあったなぁ)と思いながら2つしか答えられませんでした。

「Illustrator」と「Photoshop」です。

どんなサイトを作れるようになりたいですか?

可愛くておしゃれなECサイトを作れるようになりたいです。

この訓練で学びたいことは?

企業は即戦力を求めていると思いますので「Illustrator」と「Photoshop」の操作方法やHTMLやCSS、JavaScriptの知識やスキルをしっかりと自分のものにして自分のポートフォリオを作れるようになりたいです。

受講中の目標は?

先日まで就職活動していた際にWEB系の会社で「Illustratorは使えますか?」と聞かれ「いいえ」と答えて不採用になることがありました。
それがとても悔しかったので、受講中はそういったソフトも使えるようになり、就職した際に即戦力となるようにスキルを身に付けることが目標です。

あなたの強み・長所は?

私の強みは「コミュニケーション」力です。
学生時代は4年間、接客のアルバイトをしておりました。
また、前職では総務課で会社の前部署の社員とやりとりする部署でした。20代から取締役も含めると70代近くの方とやりとりする機会が多かったのでコミュニケーション能力はついたと考えております。
訓練が終わった後も、他の受講生と仕事などの情報交換できるような仲間になりたいです。

ここからの質問は、直接選考には関係ないですが…

健康状態はどうですか?

健康状態に問題はございません。風邪も半年はひいてないです。

パソコン操作は得意ですか?

はい。前職が事務職でしたし、家にPCもありますので得意です。

聞かれた質問は以上です!

まとめ

以上が職業訓練の面接を
通過するポイントと面接での質問内容でした。

私は実際面接ではめちゃくちゃカミカミで答えてたのですがなんとか通過したので、
「いかにWEB業界、訓練の内容に興味を持っているか」が大事になってくるのではないかなと思いました。

「職業訓練の面接なんだから、対策しなくても受かるでしょ」っていうのは誤った考えです。
でもこの記事を読んでいる方はきちんと対策しようとして、ここにたどり着いた訳ですから、きっと大丈夫だと思いますよ!頑張ってください〜〜!!!☺️

タイトルとURLをコピーしました